家庭用脱毛器を使用するときに注意すべきこと

●家庭用脱毛器を使用した正しい無駄毛処置の方法
家庭用脱毛器は効果が抜群だと言われていますが、本当は正しく使用しないとまったく効果がありません。予め説明書をよく読んでから使用するように努めましょう。

・清白
一風呂浴びて脱毛するパーツの肌を清白にします。

・放光する
脱毛したいパーツを保冷剤などで冷やしてから脱毛器の光を当てましょう。
無駄毛が長過ぎる時は、前日までにいくぶんの長さにカットしておきましょう。
1から2mmの長さがあるほうが脱毛処置しやすいと言われています。

・冷やす
蓄冷剤などで放光したパーツをただちに冷やしましょう。

・処置後のケア
脱毛後の肌は鋭敏になっています。肌に労力をかけないようにしましょう。

当サイトオススメ情報:
浜松の脱毛サロン情報

●注意すべきことについて
・毎日継続して放光をしないこと!
いくら肌にソフトで刺激が少ないからと言っても多少チャージはかかります。強い光を肌にあてることになるので、決められた期間はきちんと時間をあけて使用するようにしましょう。

・自分の肌の調子を十分考慮してから剃ることもとても大事
ムダ毛は常日頃、とても気になるものですが、メンス前後や体調不良の際、睡眠不足、疲労が溜まっている時、バケーションで強い太陽光線をいっぱい浴びた時などは非常に皮膚が敏感になっています。
このような時は強引に脱毛すると肌障害のネタとなってしまいますので、肌をしっかりと休ませてから処置するようにしましょう。
家庭用脱毛器を使用するときに注意すべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です